ご案内

   

 葬送儀礼の作法 


■仏式焼香の作法

焼香は本来礼拝にあたって香をたき香気で清める行為です。
数珠を左掌に持ち、静かに遺影の前に進みます。
焼香台の前まで進み、祭壇に向かって一礼します。親指、人さし指、中指の三本で香をつまんでいただく。香を顔のあたりにもっていき左手をその下に添えるように目を閉じて軽く頭を下げ、香を静かに香灰の上にのせます。
正面の遺影、または位牌をじっと見つめてから両手を合わせて合掌礼拝します。

※宗派別、焼香の回数は下記の通りです。

日蓮宗・・・通常3回
浄土宗・・・通常3回
真言宗・・・通常3回
臨済宗・・・回数にこだわらない
曹洞宗・・・回数にこだわらない
天台宗・・・回数にこだわらない

浄土真宗 本願寺派・・・通常1回  香をいただかないで焼香
真   宗 大 谷 派・・・通常2回  香をいただかないで焼香

[注]但し、会葬者が多い時や、場所の都合により一回でもかまいません。要は心を込めるということが大切なのです。

 

   トップ  |  ご葬儀の準備  | 葬儀の流れ  |  地域・会社案内  |  華やかな葬儀  |  家族葬儀  |  斎場 |  お問い合せ |  リンク 
copyright 2006 © www.sougi-hanamizuki.com