ご案内

   

 葬送儀礼の作法 


■神式玉串奉奠の作法

神葬祭で行われる玉串奉奠は、仏式の焼香にあたるもので焼香と同様、清め行為です。
玉串は、葉先が左、根元が右になるような形で渡されるので、葉のほうをやや高めに左手で下から受け、右手で上から茎をつまむように持ちます。
胸の前で保持しながら神前に向かって進み、玉串案の前で止まります。
葉先が向こうに、根元が手前になるように右回りに回しながら左手を根元まで下げ、右手を葉先のほうに持ちかえたら、さらに180度右回りに回し、根元が神前に向くようにして玉串案の上に供えます。
二、三歩あとにさがり、深く二礼し、二拍手し、もう一度深く一礼します。
神官と遺族に一礼して下がります。

 

   トップ  |  ご葬儀の準備  | 葬儀の流れ  |  地域・会社案内  |  華やかな葬儀  |  家族葬儀  |  斎場 |  お問い合せ |  リンク 
copyright 2006 © www.sougi-hanamizuki.com